核酸はがん予防に効くのか?

核酸はがん予防に効くのか?

核酸はがん予防に効くのか?

はっきりと臨床試験で結果が出ているわけではないのですが、核酸というのは抗酸化作用を持っており、がんの原因になる活性酸素を除去することができると考えられています。

 

さらに、壊れてしまった遺伝子の修復をするため、がんの予防も期待できると考えられています。がんというのは、細胞が異常な状態になってがん細胞になり、周りにある細胞を攻撃しながら拡大していくという病気です。

 

正常な細胞というのは、核酸によって指令されて細胞分裂をしていき、健康を維持していくようになっています。

 

ですが、細胞がコントロールできなくなってしまうと、異常に細胞分裂を行うようになり、余分な細胞や組織が集まることになります。これを腫瘍というのですが、この腫瘍には良性と悪性に分かれます。良性の腫瘍であれば問題はないのですが、悪性腫瘍なのであれば、がんと診断されることになります。

 

がん細胞が増えていくと、血液などによって移動をして転移をしてしまい、全身に飛び火します。正常な細胞などから栄養素を取り込んでいき毒素の一種であるトキソホルモンを作り出していきます。これによって、体がだんだん弱まっていき、免疫力も下がっていきます。そして、最悪の場合、死に至ってしまうのです。

 

がんに対しての研究は行われているのですが、確実に効果のある治療法というのは確立されていません。早期発見・早期治療をすることで、完治させやすくすることはできるのですが、絶対に治るとは断言できないのです。

 

また、一時的に回復させることができたとしても、再発してしまうことだってあります。活性酸素によって細胞が酸化してしまったり、発がん性物質を大量に取り込んでしまったりすることで、がんの発症率を高めてしまうと考えられています。核酸というのは、遺伝子というミクロの世界で細胞を正常にしていくことができたり、活性酸素の働きを奪うことが期待できるため、がんの予防に必要だといわれているのです。

 

遺伝子の検査は専用キットに決まり!⇒遺伝子検査比較.net

copyright 2017 がんの予防を始めるなら!がん対策サプリメントを飲もう! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。