どのようにしてがんが発症するのか

どのようにしてがんが発症するのか

どのようにしてがんが発症するのか

現在、日本の三大死因の一つとしてがんが挙げられるほど、がんを発病してしまう人が多いです。死亡率が高いということで、がんを発症してしまったら死亡してしまうのではないかと思ってしまっている人も多いです。

 

このがんというのは、体の中でがん細胞が増殖してしまうことで発症してしまいます。もともと健康な体でもがん細胞はできてしまうものなのですが、免疫力によって増殖する前に消滅させるのですが、何かしらの原因で周囲の健康な細胞に攻撃をし始め、どんどん拡大していきます。そして、リンパや血液の中にがん細胞が入り込んで、他の部位にも転移をしたりしてしまうのです。

 

国立がん研究センターが発表しているデータを見てみると、2人の1人の割合で生きている間にがんになってしまうとされています。それだけ、がんを発症してしまう人が多いという事です。

 

性別でみると、2005年のデータでは女性で発症する人の割合は40.5%、男性で発症する人の割合は53.6%となっており、1割程度男性のほうが発症する確率が高いということが分かると思います。

 

ですが、がんに対しての治療法なども確立されてきており、生存率も高くなってきているので、がんを発症してしまったとしても健康な人と同じ生活を過ごせるようになりつつあります。

copyright 2017 がんの予防を始めるなら!がん対策サプリメントを飲もう! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。