厄除する理由

厄除する理由

厄除する理由

男女ともに、一生のうちに3回訪れるとされているのが、厄年の一般的な説です。それぞれ前後合わせて3年間のリスクがあるといわれ、宝くじの前後賞をふと思い出す人もいるかもしれません。厄年のときには厄除をしたほうがよいと信じられていますが、それはなぜなのでしょうか。また、厄除をした効果はどの程度あるものなのでしょうか。

 

厄年の由来

 

実は、今から1000年以上も昔の平安時代には、厄年を恐れる習慣があったとされています。その起源は映画や小説、漫画などの「陰陽師」でも知られる陰陽道にあるという説もありますが、定かではありません。

 

また、時代を経て厄年の年齢も移り変わっているため、迷信と割り切る人もいます。世界的にも厄年のような習慣は伝わってきており、人が世をいかに不安定に感じているかの表れなのかもしれませんね。

 

人生の曲がり角に当たる年

 

厄年を信じるか迷信と思うかは人それぞれですが、誰でも人生に何度かは節目の時期を迎えるものです。傍から見れば恵まれているように思える人でも、本人にしてみれば苦難と感じることもあるものです。一般に、厄年とされる年齢には、男女ともに人生の曲がり角を体験しやすいといわれます。

 

結婚や出産、子育て、就職、出世などに精を出す時期でもあるため、うっかりすると不慮の事故に巻き込まれたり、病気になったりする可能性が高いと考えられてきたのです。

 

どんな年齢においても災難は避けたいものですから、厄年のときくらいは強く意識して厄除をすると、注意喚起を促せるという意味もあるでしょう。迷信だとあながち遠ざけきれないのも、厄年の不思議なところです。

copyright 2016 がんの予防を始めるなら!がん対策サプリメントを飲もう! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。