PET検査は最新のがんの検査方法

PET検査は最新のがんの検査方法

PET検査は最新のがんの検査方法

がんになっていないか調べるための検査というのは色々あるのですが、その中でも最新の検査方法になっているのがPET検査といわれるものです。

 

PETとは陽電子断層撮影のことを指しているのですが、これまでの検査方法と違って、全身を一度に撮影をすることができます。そのため、検査を受ける人にかかる負担も軽減させることができます。

 

さらに、10oくらいの小さながんを見つけることも可能になっているため、がん検診でPET検査を受けている人が多くなって着知恵ます。

 

日本では最近になって知られてきているのですが、欧米諸国ではがん検診でとてもポピュラーな検査方法になっています。全てが対象というのわけではないですが、最近は健康保険を適用させることができる場合もありますので、以前と比べるとPET検査を受けやすくなっているといえるでしょう。

 

がん細胞というのは、ブドウ糖を取り込む量が、正常な細胞よりも3倍から8倍ほど多いという特徴を持っています。その特徴を活用して検査をすることができるのが、PET検査なのです。

 

PET検査では、FDGといわれるブドウ糖に近いものを注射します。そして、1時間程度放置していると、投与されたFDGが全身を流れていきます。

 

がん細胞が体の中にある場合、ブドウ糖と勘違いして取り込んでいきます。がん細胞が悪性であればあるほど、FDGをたくさん取り込んでいくのです。

 

このFDGはがん細胞に取り込まれると放射線を出すという特性を持っています。そのため、PETカメラで体を撮影すると、放射線を集中的に放っている個所があるかどうかを調べることができるのです。この放射線を放っている個所が、がんだということになります。

 

これまでの検査方法と比べると、精度が最大で20倍も高くなっていますし、10oを下回る小さながんを見つけることもできます。さらに、撮影された全身の写真を見ることで、できている腫瘍が悪性なのかを判別することも可能です。

 

ただし、白血病や胃がん、肝がん、前立腺がん、尿管がん、膀胱がんは、PET検査を行っても発見されない場合もあります。

 

必ずしもPETを保険適用させることができるとは限りません。保険を適用させることができなかった場合、10万円ほどの費用が必要になります。

copyright 2017 がんの予防を始めるなら!がん対策サプリメントを飲もう! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。